「Oracle Cloud Infrastructure Database Management for Oracle Databases」の一般提供開始を発表 (2021/09/09)

「Oracle Cloud Infrastructure Database Management for Oracle Databases」の一般提供開始を発表 (2021/09/09)

https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/announcing-the-general-availability-of-oracle-cloud-infrastructure-database-management-for-oracle-databases

投稿者:Sriram Vrinda

今年の初めに、オンプレミスのOracle Database向けのOracle Cloud Infrastructure(OCI) Database Managementサービスの一般提供を発表しました。このたび、Database Managementサービスが、ベアメタル、仮想マシン、Exadata CloudなどのOracle Cloud Databaseサービス上で稼働するデータベースであるOracle Databaseにも対応したことを発表します。


Oracle Database Managementは、あらゆる種類のOracle Databaseに対応した包括的なデータベース管理を提供し、監視、パフォーマンス管理、チューニング、データベース管理を含むフル・ライフサイクル・ソリューションを提供することで、データベース管理者の負担を大幅に軽減します。Database Managementは、OCI Observability and Managementプラットフォームの一部です。


Database Managementオプション


Oracle Database サービスのDatabase Management機能は、2 つの管理オプションの一部として提供されており、Database Managementを有効にする際に選択することができます。


完全管理オプションには、以下の機能を含む、Oracle Database Enterprise EditionのすべてのDatabase Management機能が含まれます。完全管理オプションは、Oracle Database Standard Editionでも利用できますが、パフォーマンスハブの機能は含まれていません。


  •     お客様のデータベース群の監視および管理機能
  •     自動データベース診断モニター(ADDM)やブロッキング・セッションなどの高度なパフォーマンスハブ機能や、スケジュール・フォブ、テーブルスペース・モニタリング、データベース・パラメーターなどの機能を含むSKU機能
  •     基本管理の一部として利用できる機能


基本管理オプションには、以下の機能が含まれています。


  •     CpuUtilization、StorageAllocated、UserCalls など、14 種類の基本的なモニタリング指標を提供します。これらのメトリクスは、Database Managementを有効にした後、OCIモニタリングサービスおよびデータベースの「データベース詳細」ページに表示されます。
  •     マルチテナントコンテナデータベース(CDB)用の パフォーマンスハブのアクティブセッションヒストリー(ASH)分析および SQL 監視機能。これらの機能はプラガブルデータベースでは利用できません。


詳細については、OCI データベースのDatabase Managementを有効にする短いデモをご覧ください。



Database Managementサービスの主な機能

フリートの監視と管理

  •     OCIおよびオンプレミスに配置された複数のOracle Databaseサービスを監視するための統一されたユーザーインターフェイス
  •     データベース群のパフォーマンス問題を積極的に検出し、その根本原因を特定する機能が強化されました。
  •     パフォーマンスや構成に関連するアラートへの対応


図1:フリートの概要



パフォーマンスハブ


パフォーマンスハブは、アクティブ・セッション・ヒストリー・アナリティクス、リアルタイムSQLモニタリング、自動データベース診断モニタリング(ADDM)、セッション・ブロックなどの多彩な機能を用いて、データベースのパフォーマンスを一元的に把握することができる総合的なパフォーマンス管理機能を提供します。

図2:パフォーマンスハブのコンポーネント



自動ワークロードリポジトリ(AWR)エクスプローラ


パフォーマンスアナリストとして、Oracle Databaseのパフォーマンス傾向を視覚化するには、パフォーマンスハブを利用することができます。しかし、AWRデータを本番データベースに長期間保持することは困難です。AWRビューアは、AWRデータを長期間保持し、オフライン分析を行い、類似のデータベースとAWRデータを比較することなどを可能にするソリューションです。

図3:AWRエクスプローラ



スケジュールされたジョブ


独自のカスタムSQLやPL/SQLスクリプトを使用して、単一のデータベースまたは複数のデータベースに対してジョブを作成、実行します。スケジュールされたジョブでは、以下のような機能があります。

  •     ジョブを作成します。
  •     次のいずれかのオプションを選択して、ジョブのスケジュール詳細を提供

    •         One time (Immediately): ジョブを一度だけ(すぐに)実行することを選択
    •         One time (Later): One time (Immediately): ジョブを一度だけ実行
    •         Repeating(繰り返し):ジョブを一度に複数回実行する場合に選択。指定された頻度で複数回ジョブを実行する場合に選択。
  •     ジョブ定義の表示と編集
  •     ジョブのクローン作成と削除
  •     OCI Object Storageサービスに結果を投稿し、表示
  •     OCIモニタリングサービスでメトリッククエリを構築し、ジョブのステータスに関するアラート通知を設定

図4:スケジュールされたジョブ



今日から始めましょう


Database Managementは、Oracle Cloud Infrastructure Consoleの「Monitoring and Diagnostics」メニューにあります。このサービスは、コンソール、CLI、およびREST APIからアクセスでき、すべての商用リージョンですでに利用可能で、政府系リージョンでも近日中に利用可能になります。


Database Managementは、外部データベース(オンプレミスに配置されたOracle Database)や、ベアメタル、仮想マシン、Exadata Cloudサービス上のOracle Cloudデータベースで使用することができます。


ぜひ、Database Managementのサービスをご利用ください。詳細については、製品ページをご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

更新!AWS、Azure、GCP、OCI上のVMwareソリューションの比較 (2020/12/01)

お客様のOracle Cloudの利用をさらに容易にするOracle Support Rewardsの発表 (2021/06/22)

アナリストレポート オラクル、MySQLクラウド市場の熱を上げる (2021/03/11)